Livebearersを飼育しよう

Livebearersを飼育しよう

卵胎生メダカは種類が多いため、なかなか簡単には一括りにはできませんが、基本的な飼育方法はかなり共通部分があると思います。初めて飼育される方はグッピーやプラティなどの比較的飼育が容易(水温、水質などの環境の変化に強い)なものから始められるといいと思います。水槽の選び方も鑑賞を目的とするのか、繁殖を目的とするのか、などでサイズや質(ガラス水槽、アクリル水槽、プラケースなど)の選択肢がでてきますが、初めて飼われる方はプラケース(費用が安い)で十分です。但し、水替えなどを考慮すると2つ以上用意すると便利だと思います。 また水草なども準備した方がいいです。

chanet_61930.jpg
プラケース

photo_513_200_P1.jpg
S 水槽

photo_1101_200_P1.jpg
 セット水槽

フィルターを利用して水をろ過(底面ろ過、上部フィルターろ過などなど)する方法とフィルターなしの止水で飼育する方法があります。止水で飼育する場合は2~3週間ごとに水替えする必要があります。水質については、中性から弱アルカリ性を好みますが、順応性が高い魚が多いため一般的な日本の水道水で特に問題ないです。ただし、定期的な水換えは怠らないようにしましょう。
水温は25度前後と言われますが、グッピー、プラティの場合は17度から30度位までは大丈夫です。
餌は人工飼料でもよく食べますので、問題ありません。