fancy

Platy

platy_albino.jpg

Albino Platy

nemo氏が2004年にアルビノソードテール(メス)とプラティ(オス)とのハイブリッド交配によって誕生したものをベースに長年プラティとの交配によって確立した逸品です。国内に出回っているアルビノプラティはその他にも何点かあるようですが、これが起源となっています。

photo by lyre

platy_lutino.jpg

Lutino Platy

2016年8月にドイツより送られて来たLutino Platy(♀)と国内の♂との交配後 F2で誕生したLutinoです。色、柄は3種類ほどですが、今後各ブリーダーが個性的な逸品を誕生させるでしょうね!(国内のLutino Platyはここからのスタートです!)

Photo by Tsujimoto

platy_albino2.jpg

Albino Platy

2015年3月にドイツより導入された(メスのみ)を国内のオスとの交配により続いているものです。ただドイツではどのように誕生したのかは不明です。どの種もアルビノは弱く維持が難しいように感じます。

photo by Fujiwara